-気侭に、思うが侭に-
幸先が悪そうなブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ならばコンシューマー
確かにレビューというか感想だなぁ、と

改めるべきか
と。いうわけでレビューもとい感想をちょろりと。
ゲーム紹介率地味に高くなってまいりました。
おすすめっていうか…これは結構好き好きが激しいかも。

サイレントヒル ゼロサイレントヒル ゼロ
(2007/12/06)
Sony PSP

商品詳細を見る


皆さんご存知サイレントヒルでございます。
PSP版です。自分この作品がサイレントヒルデビューとなります。

あれですね。怖いもの見たさでつい手を出してしまったと
いう感じですね。その大半は後の後悔に繋がるんですけどね。
はい。ぶっちゃけますと、自分、

ホラー系は大の苦手です。


と言いますのもこれは幼い頃のトラウマが原因でありまして
あの頃は若かったからと言いますか本当にあの
お化け屋敷は二度と入るまいと言うかそもそもお化け屋敷自体(ry。

ってもゲームですし。現実ではありませんし。
なんせゲームですから。
大丈夫です。ED見ますよ。ええ。

…すいませんGC無印バイハ途中で諦めました。
リサ・トレヴァーにびびりまくって放棄しました。
仕方がないじゃない、怖いんだもの。

えー、順位でいいますと
お化け屋敷>映画・ドラマ>>ゲーム
ですね。ホラーなら。質によっては映画が勝ります。

勿論テーマパーク等のお化け屋敷なぞ入りません。
皆で行っても入りません。
たとえ、

(´∀`)「あー、もしかして怖いんだーw」

とか言われても

(´Д)「怖いよ」


正直になれます。自分に正直に生きます。


…話が逸れました。


はい、感想感想。
というかとりあえずまず概要。ウィキより引用。

サイレントヒルが何故悪夢の町と化してしまったのかを描く。
従って時間軸上は『1』の事件より前であり、作中には
その事を示唆するアイテムや『1』の登場人物も複数登場する。
イギリスのチームにより製作されており、
日本のチームは関わっていない(ただし音楽は山岡晃が担当)。
初出の頃は『バイオハザード4』のようなシステムや視点であったが、
後に視点などが従来に戻される。ただし一部のシステムは継承されている。
また従来の作品と違い、近距離武器の使用回数が
基本的に有限である(その分多くの武器が入手出来る)。



みたいな。操作感覚的にはバイハに近いですね。

ホラー要素の加わった謎解きゲーム、といったところでしょうか。
全般的にこの類はそんな感じでしょう。
SIREN然り、クロックタワーなんかも…また然り。

流石ホラーというだけあって、恐怖です。
敵、マップ、仕掛け、SE・BGM、どれをとっても
愉快になれそうな要素は見受けられません。

進めてみて感じたこと、まずはそう、難しさですね。恐怖は言うまでもありません。
操作性もさるとこながら、各所の謎解きも難しいのなんの。
それに何より苦悩するのが敵の対処ですかね。

無双のようなアクションと違い武器構え→攻撃のような
流れで戦うので操作ミスはかなりの命取りとなりますこのゲーム。
構えなければとりあえず一方的に攻撃を受けます。

しかもこのゲームHP表示も曖昧で(バイハとかは心拍数モニタ)
慣れてないとあとどれくらい主人公がもつのかわかりません。
回復アイテムは限られてるので出し惜しんじゃうし。

戦闘中もハラハラ感はおさまりません。
今作「ゼロ」では何故か武器に耐久率を備わらせたみたいで。
化け物と戦っている最中、突如武器が壊れます。勘弁してください。

なんとか戦闘を避けようと逃げてはみるものの
連中、本当にしつこいんですよこれが。
陰湿なストーカーばりの追跡力です。ついてくんな。

それに加え彼奴らは生命力も高いのです。
なんとかダメージを与え倒れさせても安心できません。
時間が経てば復活を遂げます。止めをささねばなりません。

多いところでは3匹くらいまとめて襲ってくるし
逃げてるうちに主人公は息切れて遅くなるし
対抗しようとしたら武器壊れるし…敵にはうんざりさせられます。

気味悪い見た目の敵もそうですが恐怖・不安を煽る要素は
基本的にギミック&謎解きが主です。
てか既に世界観からして怖いのですが。

というのも、謎解きにあたって重要な役割をもつ
表世界と裏世界の存在が恐ろしいのですよ。
因みにこの二つの世界は鏡で行き来できます。

表世界はいいんです。ちょっと霧が濃いだけの見た目は
普通な世界なんですから。裏がいけないんです。
あんなところ散策したくありません。

世界の基本色が血みどろの赤です。どす黒いです。
光が差し込む場所など皆無です。いるだけで身が竦みます。
でもでも攻略するにはその世界をうろつかなければならないのです。

まぁ表世界も人気がなく静まりかえっているので
不安なのは一緒なんですけどね。幾分かマシです。
裏は恐怖の象徴と言うべきものです。

他にも細かな点でユーザーに恐怖を与えてきます。
同エリアに敵がいれば親切に教えてくれます。画面に軽く
砂嵐をはしらせるかたちで。わかりやすいけど不気味です。

謎解きギミックだって人体模型やら眼球やら焼死体やら…。
扉開けたら急に目の前に敵出てきたりするし…。
密室で包帯巻き巻きの蠢く肉塊とバトルになるし…。

ホラーアクションと言うだけあって容赦ないです。
グロテスクさも容赦ないです。敵は皆等しく異形のものです。
まぁどこぞの某アニメと比べたらまだ耐えられますね。

この暑い夏、ホラーものは丁度いいかもしれませんね。
ただ冷や汗でべっとりになってしまっては意味ないんですがね。
おすすめ…おすすめ?気になる人はってことで。

あと…臨場感あるプレイを望む方はイヤホンorヘッドホンを
着用することをおすすめするそうで。
はい。正直したくありません。



米返し:
>>湊紗s
べっ別に羨ましいとかっ…
…良い人なんです、良い人
>>トノさん
ちょっぴりI君にも原因があるような
気がしなくもないんだけどね
>>ノコ
いや、身長は低いが顔は老けている
つまり逆だなぁ…あれ逆?
>>軽氏
ちょっと前の俺と同じジャマイカ…
くじけるなよ












コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
サイレントヒルか~・・・アクションホラーって面白いよね
SIRENとか零とかF.E.A.R.とか・・・ただ見てる分だと怖くないけど実際やってみると怖いらしいね

たまにさ、深夜一人でPCやってたりすると物が倒れたり、物音が聞こえたりするんだよね~wあと犬がさ、突然部屋の隅っこやら変なところを向いたりするんよ・・・これが怖いのよw微妙なのが怖いんだよね・・・第6感ってのwネタ的なモノとしてとってもいいけどもってますからw
霊感なるモノw
2008/08/25(月) 16:51:50 | URL | byとの (#-) [ 編集]
ペルソナとかメガテンぐらいのホラーなら耐えられます
2008/08/25(月) 21:19:24 | URL | by湊紗 (#-) [ 編集]
何いってんの怖いからこそやるんですよ。
怖いに面白いは付き物なんすよ。
まあどうしても怖いというならこれを見て笑ってくればいいよw
http://www.nicovideo.jp/mylist/4294127
この作者の続編がなかなか出ない。

俺はかまいたちとかバイオとか友達や父に勧められてやったからなあ。
グロとかホラーとか自然に耐性ついちゃったwww

サイレントヒルはゴムみたいなナースぐらいしか覚えてないぞww
2008/08/25(月) 22:29:45 | URL | by軽氏 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。