-気侭に、思うが侭に-
幸先が悪そうなブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SMAAAAAAAASH!!!
I君はおとなしくなった


と。
ある晴れた日の学校での出来事。
てか今日。もう昨日。

それは選択科目の音楽の時間。
I君と同じ科目というわけで授業中I君はいつも自分の隣に座ります。
自分も自分で指定席です。

そんなわけで今現在行っているのはイタリア語の歌練習。
音程は勿論のこと歌詞の発音にも気を配らねばなりません。
てか発音むずいのね(´・ω・)

で。CDプレーヤーで伴奏流しながら歌唱練習中、
自分らより後ろの席のクラスメイト君たちが少々さぼり気味。
歌声があまりにも聞こえてきません。
実際見たわけではありませんが、いかにもダルそうにしていたんでしょう。

その目に余る怠惰っぷりに業を煮やしたのか、担当教師の顔が
徐々に険しくなっていきます。
そして、次の瞬間、

ヒュッ


と何かが飛んだかと思うと

バシコッ


とI君の額にその何かがヒットしました。教師の靴でした。
それとともに教師の怒声が響き渡ります。

教師(#゜Д゜)「おぉい!!いつまでもさぼってんじゃねぇぞ!!1」


一同軽く恐縮。
…てかこれ後ろの怠けてる生徒に向けてだよな…。
I君ちゃんと歌ってたし悪くないよな……。

(;´д)「あの先生、今の靴I君にあたt」

教師(#゜Д)「練習すっぞっ!」


えぇー


教師の唐突な理不尽な急襲によりI君いじけてしまいました。
開いてた楽譜を閉じ、ぶつぶつと、

(´;ω)「ちゃんとやってたのに…なんだい理不尽だ…
謝ってくれたっていいじゃないか…謝罪の一つくらい…」

…なにか少しキュンってなりまして。
うーんこれで性別が違ったr(ry。


その後談。

教師(゜д)「ごめんなIちゃん。大丈夫か?どこ当たった?」

(´・ω)「え…額辺りです」

教師(゜д)「あぁ、痛かったろ。ほんと悪いことしたな」

(´・ω)「いえ、別に…そんな…」


うーん。これで性別がt(ry。



米返し:
>>名無しのごんべぇさん
ある程度察しはついてますがあえてどちら様と
お伺いしてみます そして鼻水完治いたしまし
>>ノコ
今は結構治ってきたんだ
まだ油断はできないけどね
>>軽氏
なんか症状が地味に風邪っぽいんだよなぁ…
>アメリカンドッグ
子供の頃嫌いだったのに今は結構
食えるという不思議




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
イタリア語の詩覚えればウンディーネになれるお
2008/09/18(木) 07:21:09 | URL | by湊 (#-) [ 編集]
うちは最低の学校だから1学期にそんなことは何回もあったよ。
教卓をブン投げたり、パイプ椅子をブン投げたり、チョークをブン投げたり。

もうあそこにいると落ち着かん。
2008/09/18(木) 23:15:48 | URL | by軽氏 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。