-気侭に、思うが侭に-
幸先が悪そうなブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイスケ祭り
なんか腐臭がする
荒川二話を視聴中、やっぱり村長カッコいいよ藤原さん
とか改めて感じたりしていた録画分消化中の
CMにて、

ドラマCD DAISUKE!~戦慄のバースデー!リベンジに来たアイツ~ドラマCD DAISUKE!~戦慄のバースデー!リベンジに来たアイツ~
(2010/04/21)
ドラマ小野大輔

商品詳細を見る


DAISUKE!

赤城ダイスケ:CV小野大輔
若葉ダイスケ:CV浪川大輔
桃麻ダイスケ:CV阪口大助
山吹ダイスケ:CV岸尾だいすけ
黒川ダイスケ:CV平川大輔

まさにダイスケのダイスケによるダイスケの為のダイスケ。
ダイスケに固執しすぎたダイスケ。
CVにまでダイスケしかいない凝りっぷり。
全てのダイスケをここに、しかもこれ二作目。

もう、なんていうか、なんだこれ…

ネタかと思ったのにマジだった上に二作目だと…!?
まぁ自分にとってはどう見てもネタです本当にry。


それと漫画のススメ。
今度のネタ元はI君ではなく姉です。

ニコイチ(1) (ヤングガンガンコミックス)ニコイチ(1) (ヤングガンガンコミックス)
(2005/12/24)
金田一 蓮十郎

商品詳細を見る


…まぁ、これが表紙ならカバーかけたくなる、かな。
ずっとカバーされてて気にならなかったけど
一巻の表紙だけ見たら、カバーしときたくなりますね。
自分の場合姉の私物だからどうでもいいのだけれど。

カテゴリ的にはラブコメ、と言うのが一番近いような。
都合により女装を主体とした生活を送っている主人公の
ちょっと複雑な恋愛物語。男の娘、とはまた別な何か…
そう、綺麗な女装お兄さんという感じ。成人だし。

作者さんがさり気なく金田一先生という。
最初見たときはハレグゥのイメージが欠片もわかなかったので
言われないとわかりませんでした。
舞台も内容も全く方向性違いますしね。

男装時のパッとしない雰囲気と引き換えに
完璧な美人女性を演じる女装時としか意中の人(本作のヒロイン)と
仲良くできず悶々な主人公君。
今までにない珍しいシチュでなかなかの面白みが持てました。

女装ネタっていうと大体がバレないようにという
共通の思いのようなものがよくありますが、
この作品中では如何にして意中の相手にカミングアウトするかという
言わば、風変わりな恋の駆け引き(一部wiki参照)。

内容的にはかなりクセのある漫画、かと思ってます。
表紙からして絵柄も好みが分かれるでしょうか。
改めて見たら、一巻は取りにくいイメージしかないかもしれない。
…先入観だけじゃなく、とりあえずは中身が大事ですので、えぇ。

個人的には話の展開・構成を評価したかったり。
次回、次巻が気になって結構サクサク読めるタイプかとー。



米返し:
>>マロ
うちはTV死んだら…色々きついかな…
>>シェリー
アニメも始まったことだし漫画買い揃えようかなぁって思ってる
制限はー…原因不明








コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。