-気侭に、思うが侭に-
幸先が悪そうなブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
んだらぁー
でも昔のちんぴらっぽい方々は少なくなってたような


はてさて今回は久々にゲームレビューでも
しようかと思い立っての吉日。感想ともゆー。
…更新自体が『久々』の枠に入ってしまいますよって。
そんなことはさておき。

侍道4侍道4
(2011/03/03)
PlayStation 3

商品詳細を見る


買っちゃいました。
発売当日に思い切って。
予約なくても結構あっさりゲットできたものです。
まぁ…それなりに田舎なのもあるかなぁ…。

はい、まぁ、これ…知る人ぞ知る?
でも侍シリーズはかれこれもう4作目、
PSPリメイク版や完全版、ウエスタン等も合わせれば
結構な数が世に出回ってるわけで、知名度は高いほう、のはず。

ともかく侍としては4作目です。
侍アクションです。華麗に技を叩き込むコンボゲーみたいなもんです。
まぁ一番のコンボゲーは1でしたけど。
このシリーズは段々仕様が難しくなってる気がするのだよなぁ…。

合わせシステムが消えたのは2からなんでそれはいいんですが
3から…なのかな?「刀」と「構え・流派」が分離したのは。
刀を変えればその刀の技や構えになるシステムで良かったのに。
刀集めだけでも結構大変なのに…過度なやり込み要素は萎えに繋がります。(個人的に

敵の強さも昔から、と言った具合のシビアな感じ。(単に自分が下手なだけk
いやこれはシリーズ通して一周目は大体辛かったはず。
武器強化、つまり金稼ぎをせずにストーリー重視でやろうとすると
こうなるのはお約束なんだ。中庸刀は地味に辛いんだ。

そう、こういうゲームの難易度の「普通」って言うのは
「普通でほどほどの難しさ」じゃなくて
「普通に難しい」って意味なんですそうに違いない。
普通なら大丈夫だろと軽い気持ちで始めると苦手な人は痛い目を見る可能性大。

まぁとりあえず自分は普通で始めてなんとかED迎えました。
侍シリーズは一周を短く分岐たくさんマルチEDって
構成なので一周する分にはあまり苦労しないゲームなのです。

実際大変だったけどな!!

主要キャラなんであんなバカに火力高いんだ…
強化なしの中庸刀相手にムキになりおって!
まー、イベントで入った臨時収入をほとんど
衣服コーディネートに回した自分にも少しは責任があるかもしれませんね。

因みに栄光ある一回目のEDは、
計画性がなく適当に日々を過ごし流されるがままに悪の親玉に
まんまとはめられ主人公は命を落とす
所謂バッドエンドでした。
本当はとある勢力のED直行ルートだったはずなのに…orz

いや、まぁ、このゲームが楽しくなるのは寧ろ2週目から。
これからが本番なのです侍道は。ディスガイアみたいなものです。
これくらいでくじけては侍の名折れです。
ということで諦めません勝つまでは。グッドエンドがんばる。


ついでに、各キャラの奇抜な名前だけ少しチョイス。

ローラ

ローラ・リータ、縮めてロリータちゃんです。
露骨。
ゲーム内で見ると少々顔がいかつく見えたのは
多分気のせい。

鬼怒川温泉

観光名所。

過去にここまでバカネームいたかなぁ…
3やってないからそこは空白なんですが
まぁ侍道自体結構ネタ盛り込んであるのは初代からだったわけで
まぁまぁ、いいのか。


ふぅ…とまぁこんなレビューとも言えないなにかで
侍道に惹かれるなにかを感じた人がいるならば
買ってみてもいいのかもしれません。
4から入っても全然大丈夫。1から入ると軽い衝撃をうけるかも。






コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。